磨光小学校 【環境講演会】

磨光小学校の自動車産業の仕組と電気自動車
函館市内の磨光小学校へ

函館市尾札部町にあるとてもモダンな作りの磨光小学校へ行きました。天井部分はガラス張りで、天気の良い日は青空と光が差し込む明るい校舎で1階~4階までが吹き抜けになっています。

函館市内の北昭和小学校へ

参加生徒数は5年生の25名で「産業学習」の授業で”自動車”が課題となっています。学校側も「自動車会社の生の声」を聞きたいと、生徒はもとより先生方からも意見をいただき、今回初の試みとして「自動車産業の仕組と電気自動車」をテーマに講話させて頂きました。


参加生徒数は5年生の25名で「産業学習」の授業を真剣にきく生徒の皆様
電池クイズや環境問題について
この携帯電話の電池が果たして何個分でiMiEVは動くでしょうか?

電気自動車に使用されているリチウムイオンバッテリーの説明を、携帯電話用のバッテリーを使い話しました。さらにクイズを出題!「この携帯電話の電池が何個あればiMiEVを動かせるでしょうか?」・・・。次に、三菱の電気自動車MiEVシリーズを実際に購入したお客様の生の声と、次代の環境を守る事は日本の国にとどまらず、万国共通の問題であるんだと言う事を話しました。世界各国に届けられたMIEVの魅力もVTRを使って紹介しました。

皆んなが楽しみにしていた試乗会♪
iMiEV試乗会の様子
誰が乗ってもiMiEVの体感後は笑うか驚きの表現

短い時間ですが「電気自動車」を体験してもらったのですが、やはり実物を目の前にして生徒さん達の目の輝きが・・・。いました。リヤゲートを開けるとiMiEVの心臓部であるエンジンの変わりのモーター、ガソリンタンクの代わりになるバッテリーパック、その他の機器が詰まっています!初めて見る内部に皆さん興味深々(^▽^) !ポンっ!と言う電源が入った合図と共に車がスタート・・・。「音がしない!」「静かだぁ」「何これ~~」などなど驚きと予想外に対する笑いが・・・。生徒サン全員と先生方にも乗って頂きましたが、坂道を登る様にもビックリ!!誰が乗ってもiMiEVの体感後は笑うか驚きの表現で固まりますリッキースマイル


ありがとうございました。
カテゴリー: 環境講演会   パーマリンク