2013函館ハーフマラソン大会 大会車両協力を行いました。

今年で連続3回目の「大会車両協力」です 「2013函館ハーフマラソン大会」のOfficial Support Carとして 先頭集団を牽引する白バイの前走である「時計車」 審判長同乗で男子先頭集団を追走する「審判長車」 最終ランナー後方を走行し制限時間を超えるなど競技続行が不可能と思われる選手に競技中止を指示・助言する「観察車」 この3台を大会協賛として提供しました

「恵まれた環境下で行われる競技がマラソン」だと思います であるならば その綺麗な環境のまま 選手のみなさんに走ってもらうのが良いのでは? と言う事で車両提供を提案させて頂いたのです 「北京五輪」にあったあの排ガスで汚された空の下で走ると言う様は 皆さんの記憶にもあるのでは? まさに環境の悪劣化・破壊と言うイメージは拭えず ここで記録が数々出来ると言う事は無いでしょう・・・「pm2,5」と言う言葉まで出るくらいなのですから・・・「人は良き空 良き水 良き大地 なければ生きる望みなし」つくづく思わされました

カテゴリー: イベント   パーマリンク